結婚後の名義変更を忘れずに!


結婚後に名前がかわっても同じ車を乗り続ける際には
まずは所轄の警察署で新しい駐車場の車庫証明を取り
引越し後15日以内に管轄の運輸支局で
車の登録変更手続きを行いましょう!
1
そんなに難しい事ではないので早めにすませせて
新しい生活を始めたいですね!!

必要な書類等は以下の通りです

・自動車検査証
・新姓の印鑑
・自動車保管場所証明書
・住民票(新・旧の住所が記載されているもの)
・戸籍謄本(新・旧の住所が記載されているもの)
2
これらの手続きには必要な書類がちょっと多いので
抜けがないように、最終確認を怠らないでくださいね。

車の所有者と使用者が同じ場合と違う場合で異り
またローンを組んでいる場合は所有者がローン会社になっているためちょっと複雑です。

手続きの時間がない場合は、最寄りのディーラーに手数料を支払って依頼する人が多いようです。
業者によって手数料などに差があるため注意しましょう。

買い替えのタイミングは大切です


車を買い替える時には、出るお金と入るお金を
トータルで考えるのがベストです。

つまり、新車の値引きとともに、
今の車をどれだけ高く売れるかが車買い替えの成功の秘訣です。

結婚を機に車を買い替える場合でも
例外ではありません。

車買い替えの時には、下取り価格と比べるためにも、
ディーラーに行く前に車買取店で見積もっておくことが不可欠です。

下取り価格の交渉するさいに強い切り札になります。
そんな時に、インターネットの一括査定サービスはとっても便利です。

中古車の買取り価格に、決まった価格はないので
比べれば比べるほど、高価買取の店舗も見つけやすく
価格競争によって、買取り価格も高くなります。

自分がどれだけがんばって見積もり比較をしたかで
買い取り額は大きくかわってくることを
覚えておきましょう!!
1
一括査定は、24時間いつでもインターネットで
簡単に愛車の見積り査定が出来るサービスですので
これを使わない手はないですね。
2
高い査定額を目指して買い替えのタイミングをはかりましょう。

結婚で買い替える車の条件とは


車を買い替える目安はいくつかありますが
一番多いのが自分のライフスタイルの変化であると思います。
2
結婚や出産などの家族の大きな変化で
車を買い替える人が多くいます。

独身で、きままに生活しているときは
自分の趣味でカッコいい車を選んでいたけれど
車に乗る家族が増えたら、便利な大きめの車を選んだり
広さや収納を重視したり、
コストのかかりにくいエコカーを選んだりする
という人も多いのではないでしょうか。

家族が増えると維持費の比較的安いエコカーへの買い替えが増える理由として
エコカー減税などがその一番の理由でしょう。

維持費を節約できるのも大きな車選びのポイントになってきます。
1
買い替えのタイミングは実はとても重要です。

車というのは消耗品であることを理解しておきましょう。
車は生活するうえで必需品でありますが、安いものではありません。
車を売却する際に、車の価格も常に変化しています。
季節や、人気によって変動しますので
ベストなタイミングで買い替え、下取りをしたいですね。

結婚後に買い替える車の条件


ライフスタイルの変化にともなって
車を買い替える必要がでてくることがあります。
2
特に、子供が生まれ家族の人数が増えると
これまでの車が手狭に感じたり、チャイルドシートやベビーカーの利用で
広く使い勝手の良い車に買い替えたいと思うはずです。

そういった状況を見越して、これまで夫婦がそれぞれ所有していた車を売り
新しいファミリー用の車を購入する家庭も少なくないようです。

ちなみに、車から乗り降りする際には
赤ちゃんを抱っこしながら身をかがめつつ後席へ乗り込み
赤ちゃんをチャイルドシートに座らせたり逆に取り出したりしなければなりません。
その際の赤ちゃんの重さとは、5kgの米袋を後席に置くような負担が腰にかかるそうです。

また、子供がドアや窓を間違えて開けたりする可能性を考えると2ドアの方が安心
という考え方もあるかと思っていたのですが
赤ちゃんのうちは母親が一緒に後部座席に座るので、あまり関係ないそうです。
1
車のサイズの注意点として
ベビーカーがトランクに横向きに入る車というのは意外と少ないのだそうです。

たたんだベビーカーを縦に置くことができるのは
ステーションワゴンなど車体の長さがあるか
トランクスルーを利用することができる車ということになります。

こういった細かい点も考慮しながら検討してくださいね。